ボトックスはエラを小さくする救世主!美容整形外科に行こう!

女性

ボトックスの部分やせ

ボトックスでふくらはぎの部分痩せが可能ですよ。ふくらはぎを細くするためには、筋肉に直接働きかける必要があるので、エラに効果的なボトックスを使用するといいのです。

詳しく見る

女医と患者

ボトックスリフトについて

ボトックスリフトは通常のボトックスと違い、多数の箇所にボトックスを打つことによって小じわや肌の張りがよくなる方法です。たるみの解消にも役立ちます、利用してみましょう。

詳しく見る

女性

小顔になるマッサージ

小顔になるためにはマッサージでセルフケアをしましょう。マッサージする時にはかっさやリファなど、様々なグッズを使うのもいいですよ。また、即効性を考えるならボトックスをエラに注入するのが一番です。

詳しく見る

ボトックスの施術について

女性

ボトックスのエラ施術

筋肉が張っていて、顔が横に広がって見えてしまうエラは、ボトックス注射をすることで改善できます。エラ部分に注射することで、肌の引き締め効果もあるので、綺麗になりたいという人におすすめの施術です。まず、大きな顔に見せてしまう原因として、遺伝があります。しかし、エラの場合は、遺伝だけでなく、日々の生活習慣がエラを目立たせている可能性もあります。エラは咬筋という筋肉が構成していて、その咬筋の使用頻度によって、エラの大きさが変わってくるからです。エラが大きく見える人というのが、大体が咬筋が発達しすぎていることにあります。ですから、咬筋にボトックスを打つことによってかなりエラが改善することが多いのです。注射だけで済むので、傷口も残らず小顔になることができます。ボツリヌストキシンは、エラの筋肉に打ちます。エラの筋肉は食べる時の噛み方などによっても張っている部分が違うので、バランスをみて注射します。ボトックスをエラに打ってすぐは効果はあまりありません。変化は徐々に現れてきます。食事や食いしばりで鍛えられた咬筋が落ちてくるのが、2週間ほどたった時です。傷口は、メイクでカバーできるので、隠すことを心配しなくても大丈夫です。また、ボトックスをしてから、また、咬筋を鍛えてしまわないためにも、食いしばりをやめるようにするのも大切です。ボトックス注射の痕が稀に内出血を起こすことがありますが、保冷剤等で冷やせば問題ありません。内出血が起きてもしばらくすれば治ってしまうことが多いです。ボトックスエラの効果はエラにお悩みのあなたにぴったりのものです。まずは美容整形外科で相談してみましょう。

ボトックスの効果は口角にも

ボトックスを打つ部位として、口角も人気です。口角が下がっていることで疲れて見えたり不機嫌に見えることがあるからです。不機嫌ではないのに、不機嫌にみられてしまうとコミュニケーションに齟齬が生まれることも多く、不機嫌に見られることがコンプレックスの人もいます。口角が下がって見えるのは年齢を重ねると起きやすいです。まず、重力によって顔がたるんで来てしまうのと同じ様に、口角もたるんできます。ボトックスを口角に打つことで、口角の筋肉が引き締まり、口角を上げることができます。仕事で人と接することが多い人は印象が大切ですよね。そんな時に口角のボトックスは自然と笑顔を演出できる素晴らしい治療なのです。腫れも少ないので、周りの人に悟られる事なく施術が可能ですし、なんといってもメスいらずで施術できるのが安心感がりますね。口角の場合、2~3日で効果が現れます。効果が現れてくるの流行りのアヒル口のような、可愛らしい口元に変わることができます。術後の注意点は、気になるからと言って触りすぎたり、マッサージをしないことです。ボトックスが移動してしまうと仕上がりが美しくなくなってしまいます。

Copyright© 2019 ボトックスはエラを小さくする救世主!美容整形外科に行こう! All Rights Reserved.